小説

2/16ページ
  • 2021.07.31

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 145話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」145話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 145話  社交界デビューが終わった後に学園へ通学すると、やたらと視線が私に向いていることに気づいた。学園に通うようになってから二か月近くは立っている。最初は見覚えのない生徒が歩いているからか、視線が集まっていたものだが、私 […]

  • 2021.07.31

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 144話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」144話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 144話  社交界デビューの日。  朝起きてからの私は大忙しだった。とはいっても、侍女になされるがままなので私は侍女たちの言う通りに動くだけである。昨日寝る前にお風呂に入っているのに、また朝から風呂で磨かれ、小顔になるとか肌 […]

  • 2021.07.30

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 143話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」143話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 143話  明日はテイラー学園は休みであるが、いよいよ私の社交界デビューである。だからいつもより早めに風呂に入り、侍女に髪を整えてもらうと、今日の添い寝担当のエメルの元へ行くために部屋を出た。 「あ、ディアルド! ユフィーナ […]

  • 2021.07.30

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 142話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」142話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 142話  教養とマナーの講義を終え、教室を出たところで見知らぬ六年生の男子に話しかけられた。 「ダルディエ公爵令嬢、不躾な真似をお許しください。よろしければ、この私にお時間をいただけないでしょうか」  胸に手をやり、丁寧に […]

  • 2021.07.29

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 141話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」141話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 141話  テイラー学園の五年生の教室。今日は入学してから一年休んでの初日ということで、先生が私とアナンとカナンを教室の前で紹介していた。クラス中の視線が私に集中している。 (ああ、ヤバイ。倒れそう)  ぐわんぐわんと頭の中 […]

  • 2021.07.29

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 140話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」140話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 140話  私は十七才になった。テイラー学園へ通う数日前。 「今日はアルトとバルトと三人で寝れるなんて嬉しいな。久しぶりよね」  ダルディエ邸の双子の部屋で、バルトの膝に乗って話をしていた。バルトは片手にワインを持って美味し […]

  • 2021.07.28

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 139話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」139話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 139話  最近侍女のカナンと護衛のアナンを連れて、帝都の街をウロウロするのが息抜きになっていい。家庭教師の先生のお陰で勉強は順調で、私と一緒に進級試験を受けるカナンとアナンも問題はなさそうである。  帝都はグラルスティール […]

  • 2021.07.28

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 138話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」138話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 138話  テイラー学園の入学式から一か月半ほど経過したころのダルディエ邸。 「旅に出る」  シオンが急に言い出した。 「え……やだ。シオンがいないと寂しいの」 「何言ってるんだ。ミリィも行くんだぞ」 「……え?」  以前シ […]

  • 2021.07.27

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 137話 ソロソ視点

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」137話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 137話 ソロソ視点  俺は皇太子であるカイルさまの側近ソロソ。  まだ社交界シーズンだった頃、皇宮内で迷子になっていたミリィに会った。家に帰りたいと言うことで、その場にいた文官に案内を依頼した。その件はそれで終わったはずだ […]

  • 2021.07.27

七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 136話

このページでは小説を掲載しています。 「七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~」136話   七人の兄たちは末っ子妹を愛してやまない~転生令嬢日記~ 136話 「皇帝陛下、皇妃陛下、お久しぶりでございます」 「ミリディアナ、よくきましたね。さ、堅苦しいことはこれで終わりよ。今日は何を持ってきてくれたのかしら」  皇妃宮を訪ねた私とジュードとママは、お茶会という名の気楽なお […]

1 2 16